FC2ブログ

子供が初めてピアノのグレードテストを受けました。

長年、ピアノを習っている私ですが、グレードテストは受けたことがなく、息子には受けさせてみたいと思い、挑戦しました。
ピアノの上達度をはかる指針のようなテストですね。級で自分のレベルがわかります。

今回、子供が受けたのは、いちばん初心者の級。
課題曲と自由曲の2曲を弾きました。

普通のグレードテストは審査員の前で弾きますが、今回はコンサートグレードと言って、お客さんがいる前で弾くもの。
息子は発表会なるものが初めてで、会場の雰囲気にとても緊張したようです。
練習でもよく間違える箇所があって、「これは大コケするのもあり得るな…」とこちらもドキドキしました。

けれど、いざ弾いてみると、パーフェクトな演奏で、ミスタッチやつっかえたりすることは一切なく、今まででいちばん良く弾けていました。
もちろん最高評価で合格。審査員の先生方の講評もおホメの言葉が並んでいて、親として誇らしかったです。

20191208185054a84.jpg


紀尾井町サロンホールという会場で、有名なピアニスト、アシュケナージが弾いたスタインウェイのピアノが置いてあります。
すごく良い音がしていました。私が弾いてみたかったくらい。
アシュケナージのサイン入りです。
20191208185629dd7.jpg

ひとつの舞台を終えるごとにひとつ成長するものですが、息子の大きな成長を感じることができました。

子供の小学校の学芸会がありました。
初めてなので、どんなものかと思っていましたが、いやはや、良い意味で驚かされました。

演技、歌、セット、衣装、演出、BGM、照明、効果音、すべてにおいてクオリティが高く、「児童劇団か!?」と思うほどのレベルの高さでした。
あまりの素晴しさに全学年を観賞しました。

高学年になると、斜に構えると言うか、「こんなんやってられるか」みたいな子もいるかと思いきや、みんな全力でやっていて、とても好感が持てました。

もう一つ感動したのが、これ。
20191205112833d68.jpg

20191205114521c6f.jpg

"がくげいかい"の文字にそれぞれの劇のモチーフがくっついていて、切り絵だと思うのですが、すごく良くできていました。


学芸会の次の日は、息子の初テニスレッスンに行きました。
とあるホテルのプライベートレッスンで、お値段はやはりそれなりでしたが、とても丁寧に子供が楽しめるように教えてくれて、息子もやる気になったようです。

そのホテルで撮った写真です。
201912051140478e0.jpg

もうすぐクリスマスですね。
一年でいちばん好きな時期です。

カントリーのステージ衣装として、Scullyのウエスタンシャツを買いました。
大きなコンサートの前やアメリカに行ったときなどにせっせと買い集めていますが、これで10枚目くらいでしょうか。
デザインがかわいくて、生地がしっかりしていて、サイズが大きめ(これは重要!)、アイロンをあてなくて良い(これも重要!)ので、気に入っています。

DSC_0385-1.jpg
ダークブラウンとターコイズブルーのコントラストに惹かれて、これを選びました。
後ろはこんな感じで、バタフライ柄です。
DSC_0386-1.jpg

アメリカのウェブサイトで買うと、1枚90ドル位で送料が30ドル位。
日本のサイトだと大体15000円が相場です。
両方ともほぼ同じ値段なので、アメリカのサイトで複数枚買うようにしていました。
が、今回買ったのは、日本のサイトで6600円と格安で、「本物のScullyかな?」と恐る恐る買ってみましたが、どうも本物のようです。
たぶん型遅れとか在庫なのだと思いますが、他にも欲しい色柄のものがあったので、また買いたいと思います。

先週末、帰省して、ケニーズのライブに参加しました。

11月23日(土)は、ケニーズ・ウィークリーライブ。ゲストはDrifting Hoboesさんでした。
DSC_0378-1.jpg
本当は土曜日のお昼に到着するはずが、夫の仕事の都合で遅くなってしまい、Hoboesさんの2回目のステージに滑り込み、写真だけ何とか撮れました。

Tennessee Fiveの2回目のステージは一緒に演奏させていただき、ピアノのインストも弾かせてもらいました。
やっぱり楽しい。東京では家事と育児とバイトで、それでもそれなりに楽しい日々ですが、このステージに立つためにいつも頑張っているのだと感じます。

翌日のサンデーカントリーのゲスト、Keiko Walkerさんも飛び入りで1曲歌われました。
次の日のライブへの士気が高まりますね。

24日(日)のサンデーカントリーは満員御礼でした。
Keikoさんとは実に6年半ぶりの共演。
お客さんも待っておられたのだなぁと思います。

"和製Emmylou Harris"の名の通り、清涼感のある唯一無二の歌声。
一緒に演奏していて、とても気持ち良かったです。

また近いうちにKeikoさんとの企画ライブを計画中です。楽しみです。

そして、私はその足で新幹線に乗り帰京しました。

自宅の紅葉がキレイでした。
DSC_0379-1.jpg
「次に帰ったときは落ち葉だらけになっているんやろうな…」と思いますが、いちばんピークのときに見られて良かったです。

東京に引越したとき、引越先の社宅に駐車場の空きがなく、それまで乗っていた車は京都の自宅に置いてきました。
しばらくカーシェアなどでしのいでいましたが、駐車場の空きが出たので、とりあえずそのとき買える安い中古車を買いました。
本当は京都の車を持って来たかったのですが、立体駐車場で車高が155cm以下という縛りがあったので、無理だったんですよね。

あれから1年が経って、思ったより車の出動機会が多く(2日に1回くらい)、家計も安定してきたので、ここで新車を買うことにしました。

とは言え、車高155cm以下というのがネックで、セダンはもう少し年をとってからがいいし、スポーツカーは4人家族に不向き、もちろん予算のこともあるし、選択肢はかなり限られました。

そこで目にしたのが、155cm以下のSUVがあるとのネット記事。
トヨタのC-HRという車です。
20191205105931ac5.jpg

若い夫婦がターゲットの車なので、後部座席は狭いし、後部ドアのノブがかなり高い位置にあって子供は自分で開閉できない(危ないのでさせませんが)など、基本2人乗り仕様でファミリーカーではないのですが、とにかく見た目がカッコイイです。

私が欲しいと思っていたのは、こちら。子供がもらってきたミニカーの写真ですが。
2019120511004474a.jpg

パープルのアクア。実物はもっと暗い紫で、紫紺という感じです。
アクアはずっと乗りたいと思っていて、さらにこの色にひとめぼれしました。
が、夫のたっての希望でC-HRにしました。

C-HRの車高は低いですが、車体はけっこう大きくて、3ナンバーらしいです。
でも、排気量が1200ccなので、税金は京都にある5ナンバーの車と同じです。

現金一括では買えないので、残価設定型のローンを組みました。
頭金を3分の1ほど入れて、月々2万円を支払い、5年後に車を返すか残金を支払うかを選びます。
頭金+月々の支払額のトータル+残金を計算すると、利息は大体20万円くらいでした。
1年間、大活躍してくれた12年落ちの軽自動車も、1万円で下取りしてくれました。
あ、京都にある車はそのまま置いておきます。帰省したときに必要なので。

年明けに納車になるので、届いたらまたブログに載せます。

それにしても、免許を取って以来22年間、さまざまな車に乗ってきました。
マーチ、ジムニー、MRワゴン、ランサー、RAV4、ヴァンガード、フリード、ekワゴン…どの車も長く乗ろう!と決めて買いましたが、なんだかんだで買い替えてしまいました。
今回の車はどうなるかわかりませんが、私としては5年後に返納して、今度こそ大本命の車を買いたいです。

いちおう身の丈に合った買い物をしたつもりですが、当面、パートの仕事は辞められませんね。