FC2ブログ

2006年7月から長らく続けていたこのブログですが、ここらで無期限休止にして、これからはインスタグラムに移行しようと思います。
インスタでは、バンドやピアノのこと、観に行ったイベントやコンサートなどを中心に載せるつもりです。

ブログは誰にでも見てもらえるのですが、インスタはアカウントが無いと見られないので、それで二の足を踏んでしましたが、今の私の更新頻度や内容ならインスタの方が向いているのかなと。

思い返せば15年間、よく続いたな~と自分でも思います。
ただの日記なら続かなかったと思いますが、誰かに読んでもらえるというだけでこれだけ続くのですから、自分の自己顕示欲の強さを再認識しました。まぁ自己顕示欲や承認欲求が強くないとバンドなんてやってないですけど。

特にアフリカに住んでいた3年間は辛いこともあったので、ブログに書くことで精神的に救われた部分がたくさんありました。

このブログはこれからも誰かの検索に引っかかるかもしれないし、自分の備忘録のためにもこのまま置いておきます。

だらだらと長い文章を書くのが好きなので、インスタのような簡潔な文章でアップするSNSはうまくいくかわかりませんが、インスタも見ていただければうれしいです。
アカウント名は、yoshiko_suwaです。
今後ともよろしくお願いします!

今月末に行くイベントのチケットを発券してきました。
202105151506323df.jpg

少しずつこういうイベントが復活していて、うれしい限りです。

とは言うものの、6月にある朗読劇は3ヶ月延期になり、ショックを受けてもいます。
能の演目「鉄輪」を3人の声優さんが朗読するというもので、京都育ちの私には貴船神社や安倍晴明は馴染みがある存在で、とても楽しみにしていたのですが。
まぁ3ヶ月、辛抱強く待ちます。

開催になるイベントもあれば中止や延期になるイベントもあり、その線引きが曖昧で疑問に思っています。

開催場所?→都内の会場は止めるところが多いようですが、やっているところもある。

収容人数?→数百人のキャパで延期になっているイベントがある一方、一万人規模でも開催されている。ただし、座席は前後左右を空けて、収容率は50%以下になっていることが多い。

出演者の数?→8人で開催、3人で延期。関係なさそう。

今までクラシックのピアノコンサートは宣言中に2回行きましたが、都内でも五千人規模でも収容率100%で開催されていました。

結局は、主催者の意向や考えでやるやらないが決まっているようですね。

個人的には、やって欲しいという希望も込みで、今まで行ったイベントやコンサートで感染者は出ていないし濃厚接種者にもなっていないし(COCOAもダウンロードしています)、運営側も客側も最大限気を付けているし、やれるものはやって欲しいと切に願っています。

めちゃくちゃ面白かった海外ドラマ『ハッピー・バレー 復讐の町』。
2021051210420034b.jpg

"ハッピー"とか"復讐"とか、タイトルだけ聞くとありきたりなストーリーに思えますが、中身は上質なクライムサスペンスです。
主人公にも敵役にも感情移入して、「一体どうなるんや~」とハラハラします。

主人公は疲れた感じのオバチャンで(同い年…)、スタイリッシュやオシャレとは無縁の泥臭さや暗さがリアリティをかもし出しています。

主人公の女性は警察官で、舞台はイギリス。
アメリカの刑事ドラマを見慣れている私には、イギリス警察との違いが新鮮に写りました。
アメリカ警察は拳銃をバンバン撃ちまくりますが、イギリス警察は銃を携帯していないんですね。武器と言えばテーザー銃くらい。だから、犯人のアジトに突入するときなど、ほぼ丸腰で「大丈夫か?」と心配になります。

それから、刑務所。
個室でテレビは見られるし、かなり快適に見えます。
でも、自由を愛するヨーロッパ人にとって、一生閉じ込められることこそが大きな苦痛なのかもしれませんね。

シーズン2は、1が良過ぎただけにちょっと失速した感はありますが、それでもさすがのクオリティです。
『ダウントン・アビー』のモールズリーやブリジット・ジョーンズの友達の役者さんが出演しています。

シーズン3は、良いものを作るため脚本家が時間をかけているところとのことですが、もう5年前の話なので無いのかな…。

連休中に散歩がてら東京大神宮まで行きました。

伊勢神宮まで行けない江戸の人たちのために建てられた神社で、縁結びで有名らしいです。
明治13年創建とのことでわりと新しいですね。
地元の氏神さんとしては、筑土神社(つくどじんじゃ)になるようです。
202105061618581cf.jpg


参拝した後、子供たちから「何をお願いした?」と聞かれました。
そのときの会話。
息子「オレは、みんなが幸せになりますように」
娘「私は、お金持ちになれますように(!)」
私「私は、おばあちゃんの病気が良くなりますように…やな」

おばあちゃん大好きの二人は慌てて、
息子「オレのお願いにそれも入ってるし!」
娘「私のは、お金持ちになってお薬を買うってことだから!」
必死で取り繕う姿が可愛かったです。
いつまでもその優しさを持ち続けて欲しいです。

東京大神宮の向かいにある和菓子屋さん『ありおりはべりいまそかり』。
20210506162652e7c.jpg

桜餅を買って帰りました。
20210506162741dcd.jpg

イートインもおいしそうでした。

アニメ「WAVE!! ~サーフィンやっぺ!!~」のイベントに行きました。
茨城県大洗の海を舞台に、サーフィンを始めた少年が仲間と出会い成長していく話。
このイベントに行くためにアニメを見た邪道のクチですが、好きな声優さんが出演されていて行きたかったので予習しました。
202105031606063c2.jpg

場所は千葉県文化会館。感染防止のため、車で約1時間かけて行きました。
会館は亥鼻(いのはな)公園の中にあり、模擬天守閣を擁した千葉市立郷土博物館が隣接しています。
20210503153216e4f.jpg

参加したのが夜の部で、終わったときは真っ暗。
人通りがほとんどない方に車を止めてしまったので、夜の公園とお城が怖かったです。

こういったイベントは、昨年2月以来、1年3ヶ月ぶり。
あのときは感染者が増え始めたときで、同じく遠い道のりを車で出かけ、会場内ではマスク着用推奨でしたが、この一年の間にイベントもコロナに合わせて変わったなと思いました。

ほとんど当日券で行ったので、とりあえずいちばん安い席種を買いましたが、応援ペンライト付きチケットというのがあって、このペンライトがイベント中に大活躍していて、これを買えば良かった!と後悔しました。
声援が送れないので、自分の推しキャラのカラーにして振ったり、朗読中にスクリーンに『ペンライトを青にして波を作ってください』とか『◯色で◯◯(キャラ名)を応援して!』というメッセージが出たり。

バラエティーコーナーもネプリーグのような言葉を当てるゲームだったり、遠くからボールを投げてカゴに入れるとか、接触せずにできるものになっていました。
そして、そういう縛りがあっても、声優さんたちが面白くしてくれて、めっちゃ笑いました。

コロナ禍でも楽しめるように、さまざまな工夫がしてあって、好感の持てたイベントでした。

ラストはアニメのダイジェストからたたみかけての出演者全員で歌!
1曲だけでしたが、とても盛り上がりました。
やっぱりペンライト欲しかった…一緒に振りたかった…。

久しぶりに声優さんのイベントの空気感を味わえて、幸せな時間でした。
少しでも、こういうイベントが戻ってきてくれることを切に願うし、こういう楽しみがあるからこそ日々頑張れることを思い出しました。