FC2ブログ

何度も書くようですが、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』。
201811151111491af.jpg

他にも見ていたドラマはありましたが、飽きたり面白くなくなったりで止めてしまった中、『ウォーキング・デッド』だけは継続して見ています。

最近、シーズン9が始まりました。
9年間という長い期間、視聴者を捉え続けるというのは、やはり面白いからに他ありません。
リアルタイム放送が終わった後は、ネットが大いに盛り上がります。それを読むのも楽しみのひとつ。

舞台設定は人々がゾンビになってしまう話ですが、そんな絶望的な世界で生き抜こうとする人たちの人間ドラマが魅力的なんですよね。

最新話でとても心に響いたセリフ。
「自分たちは性別も年齢も仕事もバラバラで、何の共通点もない。"生きている"という以外は。だけど、それが今はとても重要なことなんだ」
いつ死んでもおかしくない状況で、一緒に闘いながら時に家族や仲間を失いながら生き残ってきたのです。

それから、子供が言ったセリフで、「金曜日のピザを覚えている」というもの。
こんな世界になる前は、金曜日はいつもピザを食べていたんですね。
今は衣食住にも困る状態。子供は突然のこの状況を受け入れるのが辛いだろうな…と感情移入してしまいました。

最近では、子供に就かせたい仕事にまで影響してきました。
どこのコミュニティでもお医者さんは必要で取り合いになります。
だから、やっぱりお医者さんは良い仕事やなと思ったり。もちろん、できることなら子供になって欲しいですけど…。
ドラマの主人公は保安官。強くてリーダーシップがあって、みんなを引っ張って行きます。
娘が「おまわりさんになる」と言ったときは、「うんうん、それもいいな」と答えました。
ピザの配達人も、街の細かい道を知っていて、ゾンビから逃げ回るときに役に立ちました。
そう考えたら、今の私の特技はサバイバルには生かせそうにないな…とか。

基本はエンターテインメントドラマですが、現実と比べたとき、いろいろ考えさせられたり、人間の本質が垣間見えるような良作だと思います。
新シーズンはめちゃくちゃ面白くなってきました。いつまで続くのかわかりませんが、ラストまで見届けたいと思います。

ギャレットのポップコーンに初めて出会ったのは、9年前、ジンバブエにいた頃でした。
ジンバブエからシンガポールへ旅行に行ったとき、ホテルへの帰り道で見つけました。
「食べたい!」と思ったのですが、アフリカからアジアの先進国にやって来て飽食の限りを尽くした後だったので、ポップコーンを食べる余力はなく、あきらめました。

その5年後、東京に移り住んだときに、東京駅で開店しているのを見かけました。
が、大人気で長蛇の列ができていたので、またまたあきらめました。

そしてついに!
2度目の東京生活で、最近はあまり並んでいないことを発見。
やっとこさゲットしましたよ。
2018111216365181c.jpg

キャラメルクリスプ味。
シカゴ発祥のお店ということで、アメリカらしい濃い甘さがやみつきになります。

次はチーズやアーモンドキャラメルクリスプを食べてみたいし、期間限定のホワイトチョコクランベリーピスタチオもおいしそうではありませんか。
しばらくハマりそうな予感。

先日、幼稚園の年長の息子が小学校入学前の健康診断に行きました。
今までぼんやりと「来年から小学生かぁ」と思っていたのが、これをきっかけに急に具体的になって、いくつか入学準備を始めました。

まず、学習机。
今は仮住まいのマンションで、あまり大きなものは置けませんが、いずれ京都の自宅に帰れば、狭いながらも自分の部屋があります。
なので、コンパクトだけれど、組み合わせを変えると広く使えるものにしました。

コイズミのCD Compactというシリーズ。
無題
LEDライトとコンセント4口が付いているのも気に入りました。
色は本人が選びました。

こんな風に変えられるようです。
無題1

入学式の服を買いました。
今なら昨年の売れ残り(?)がセールで買えたので。

ランドセルは、12月に帰省したときに祖父母が買ってくれることになっています。

そして、ピアノを習い始める予定です。
私の持論では、『ピアノはひらがな、カタカナ、数字が読めるようになってから』なので、小学生になってからにしようと思っていたのですが、公文を習い始めてから文字が読めるようになったので、今がタイミングかと思っています。
来週、体験レッスンに行って、そのまま入会するつもりです。

これはなんだかとてもうれしくて、私がいちばんウキウキしています。
ピアノは本当に楽しいと思うし、『芸は身を助く』で私も今まで何度もピアノに救われてきました。
私が教えたらいいと言われるのですが、お互い感情的になってしまうので身内が教えるのはなかなか難しく、家での練習は私がみるとして、基本はプロに任せたいと思います。
ピアノが好きになってくれたらいいなと願うばかりです。

小学生になったら空手も習わせる予定で(メンタルが弱い子なので…)、公文が週2回、空手が週2回、ピアノが週1回、今は週1回の体操教室にも行っているし、スイミングやテニス、書道、絵画も習わせたい、とキリがありません。

将来、どんな仕事に就くかわかりませんが、仕事以外に夢中になれることを見つける手助けができたらと思います。
20181110222722851.jpg

最近、『大人が付き添わない、子供たちだけの外遊び』という初めての経験をしました。

これまでは、親同士が遊ぶ約束をして必ず親同伴で集まっていましたが、先日、息子が同じ社宅のお友達と降園後に遊ぶ約束をしてきました。
約束通り、お友達が家まで誘いに来てくれて、家の前で2時間ほど自転車で遊んでいました。
私もしばらく一緒にいたのですが、娘が帰りたがったので家に戻り、20分に一回ほど見に行くことを繰り返しました。

私としては、「とうとうこの日が来たか!」という心境です。

遊び場所が家の前で声が聞こえること、社宅の敷地内で見知らぬ人がまずいないこと(でも、誰でも入って来られるし、業者さんとかは出入りします)、他に小学生の子たちがいたこと、警察官がすぐ近くに立っておられること、他のお母さん方もたまに見に来られていたことなど、いくつかの安心材料があったので子供たちだけで遊ばせましたが、それでも気が気じゃなかったですね。

事件とか事故は一瞬の間に起こるものだし、お友達同士の揉め事もあります。
ネットを見ると、子供だけの外遊びは大体小学一年生からのようですが、お友達ができてうれしい反面、心配事が増えるな~と実感しています。

話題は変わって、これも初めての経験になる予定の声優さんの朗読劇を観に行きます。来年2月にあります。
20181106160827457.jpg

人気のある声優さん3人が出演されて、キャパ440人のホールなので、「当たればラッキー」という気持ちで抽選に応募してみましたが、当選できました!

今日、当選発表があったのですが、早速「チケット譲ってください」のツイートが溢れているので、やはり競争率は高かったようです。
確信はありませんが、1人で申し込むと当たる確率が高いような気がします。

ただ、いつも思うことですが、こんなに行きたい人たちがたくさんいるのだから、なるべく全員が観に行けるようなキャパのホールでやればいいのにね…。
朗読だと声の響きとかの理由で小さいハコが良いのでしょうか。
私も行きたいイベントのチケットが売り切れてしまって悲しい思いをしたことがあるので、「譲ってください」の切実な声は身につまされます。

肝心の演目は、マーク・トウェインの『王子と乞食』。
マーク・トウェインと言えば、トム・ソーヤーしか知りません。
がっつり予習して行くか、先入観なしで臨むか。
楽しみです。

11月に入ったというのにまだまだ暖かく、暑がりの息子は昼間は半袖で過ごしています。
でも、世間はクリスマスシーズンが始まったようで、カフェもクリスマスカラーに彩られていました。
2018110315442537f.jpg

月に1回の英会話レッスンは、いつも日本橋のタリーズでやっています。
先生は20代後半のアメリカ人女性。
どんな話題でも受け止めてくれる大らかさがあって、毎回のレッスンが楽しみです。

今日の話題は、「好きなアーティストに直接会ってみたいか?」。

その人の作品は大好きだけれど、会えるような機会があったら果たして直に接してみたいと思うかどうか。
あくまでも作品が好きなのであって、その人のパーソナリティはどんなものかわかりません。
ファンサービスが素晴らしい人もいますが、才能のある人は得てして性格に問題があったりするものです。

最近、好きな声優さんが小さい劇場でお芝居をされる機会がありました。
声優さんとしてのイベントなら大きなホールで遠くにしか見られない人ですが、今回はキャパ50人ほどの場所で間近に見られるチャンス。
行きたかったし、チケットを取りかけていたのですが、非常に難しいお芝居で、私は演劇には興味が無いし、「間近で見たい」という不純な動機だけで行くのは申し訳ない気がしてあきらめました。

平日のマチネ(昼公演)は当日券もあったらしく、ツイッターで「来てください」と呼びかけられていたので、応援するという意味では行っても良かったのかな~と思いつつ。
東京にいる間しかこんなチャンスは無いと思うし。

ともあれ、上のテーマに対する先生の答えは、"No"に近いものでした。
私もそうかな。
ミュージシャンだったらその人の音楽、声優さんだったらその人の声の演技が好きなだけで、ヘタにネガティブな部分を見てしまって熱が冷めてしまうのは残念です。
性格の良い人だと知って、ますます好きになるのは歓迎ですが。

と言いつつ、また近いうちに別の好きな声優さんがCD発売記念のイベントをやるらしく…。
声優さんの歌が好きなわけじゃないから行かなくていい!と自分に言い聞かせていますが、行ってみたい気もします。
東京は誘惑が多くて大変です。