FC2ブログ

4月第1土曜日ケニーズのゲストは、Uptownersさんでした。
IMG_0097.jpg
歌あり、インストあり、合間のほっこりするMCも魅力のステージ。
親子、40年来の幼なじみとおつきあいの長いメンバーの皆さんらしい、息の合った演奏を楽しませてもらいました。

永冨研二とTennessee Fiveは、久しぶりに「Tequila Sheila」を演奏しました。
お客さんとのコール&レスポンスがあるこの曲。
客席との一体感が楽しいです。

これからも久しぶりに演奏する曲や新曲をどんどん増やしていく予定です。
どうぞお楽しみに!

余談ですが、この週は平日の夜に内輪のパーティで演奏させていただく機会がありました。
落ち着いた静かな雰囲気の中で、いきなりロックナンバーを演奏するという、なかなか思い切った企画のライブでしたが、会場があたたまるにつれ盛り上がり、最後はみんなでダンスタイム。最高の時間でした。

次回のケニーズは4月13日(土)、永冨研二とTennessee Fiveのワンマンライブです。

私は4月27日(土)に参加します。

3月第5土曜日のケニーズは、ブルーグラスナイトでした。

ファーストステージのゲストは、K. S. K. さん。
DSC_0231.jpg
先日の京都オープリーの演奏は大好評でした。
オープリーのステージでは、何やら曲の途中でピックが飛んで行くというアクシデントがあったようですが、それも持ち前の明るさと瞬発力で乗り切られたようです。

この日も楽しいステージで、お客さんも喜んでおられました。


セカンドステージは、ラッシーさんの演奏。
DSC_0232.jpg
いつも何かをテーマに選曲されていますが、この日は意外やElvis Presley。
王道の選曲ではなく、あまり知られていない曲やhymnを中心に演奏されました。
オリジナリティのある"ラッシーサウンド"で味付けされたElvisのナンバーは、とても新鮮に聞こえました。


永冨研二とTennessee Fiveのステージは、永冨先生の歌を中心に、第2シンガー鍋田さん、第5シンガー木村さん、そして第4シンガー私も歌わせていただきました。

リクエストもいただきました。リクエストカードに『永冨研二とテネシーファイブの歌』『酒飲みの歌』と書いてありましたが、それぞれちゃんとどの曲か解明できましたよ(笑)
酒飲みの歌→White Lightning
永冨研二とテネシーファイブの歌→ふるさとあとに

皆さんに盛り上げていただき、笑顔のあふれるライブでした。

こんな写真を撮ってみました。
平成最後ライブ写真
平成が終わるのは4月末ですが、平成最後の第5週ライブということで。
ちなみに、令和最初の第5土曜日は6月29日です。


3月第3土曜日のケニーズ・ウィークリーライブ、ゲストはJ Breezeさんでした。
IMG_0051.jpg
「My Way」や「You Gave Me a Mountain」などの大曲があり、ドラマチックなステージでしたね。
ゲストシンガーの方も1曲歌われました。

永冨研二とTennssee Fiveは、10日間のナッシュビル旅行の報告をしながら、2回のステージを演奏しました。

ナッシュビルに行ったのは、メンバー9人のうち6人、お留守番の3人は京都の四条御前にあるライブハウス"ナッシュビル"に行ったそうです。
それぞれのナッシュビルで受けたインプレッションと、3週間ぶりのライブの気合で、なんだか"圧"をすごく感じるステージでした。
音楽を聞くのも楽しいですが、演奏するのも同じくらい楽しいですね。
IMG_0059-1.jpg

IMG_0058-1.jpg

私の誕生日をお祝いしてもらいました!ありがとうございます!
百合の花はブライダルブーケにも使ったくらい好きな花です。
IMG_0080.jpg

次回のケニーズは3月23日(土)、ゲストはDrifting Hoboesさんです。

私は3月30日(土)に参加します。
第5週目のブルーグラスナイト、ゲストはK. S. K. さんとラッシーさんです。


次の日の日曜日は、京都オープリーでした。
(写真はTexas Roseさんです)
IMG_0081.jpg

朝10時にスタートして、夕方5時半まで、7時間半のコンサート(休憩なし)。
京都で活動するカントリーやブルーグラスのミュージシャンとカントリーのダンスチーム、合わせて27のユニットが出演しました。

出演者は朝8時半に集合して、実に9時間ほど会場のテルサホールにいるわけですが、客席で他のバンドを聞いたり、久しぶりに会う方々(出演者、お客さん、スタッフの方々含め)と話をしたり、楽屋でまったりしたり、なかなかに楽しい一日なのでした。

今年で20回目だった京都オープリー。ナッシュビルで観たGrand Ole Opryのように幅広い年齢層のミュージシャンやお客さんが楽しめるコンサートを作って行けたらいいなと思います。


2月第4週目のケニーズは、永冨研二とテネシーファイブのワンマンライブでした。

この日はイレギュラーで、2回のステージと1回の短めのステージでお送りしました。

永冨先生のお誕生日を、たくさんのお客さまと一緒にお祝いしました。
桜の花束が春の訪れを感じさせましたね。

ワンマンということで、メンバーそれぞれを最大限フィーチャーして、私もピアノソロ2曲と久しぶりにボーカルも取らせていただきました。

私はこの日のうちにどうしても東京に戻らないといけなかったので後ろ髪を引かれてケニーズを後にしましたが、3回目のステージはオープンマイクのコーナーもありました。

次回の3月2日と9日のケニーズはお休みです。
3月16日(土)はJ Breezeさんをゲストにお迎えしてのウィークリーライブ。
17日(日)は、朝10時から総勢25のグループが出演する京都オープリーです。

年に1、2回ある大雪の日のケニーズライブ(ケニーズは京都の北の方にあるので…)。
1月第4土曜日は、まさにその日でした。

ゲストは、Drifting Hoboesさん。
20190130145751c18.jpg

クラシックカントリーの数々を、メインボーカルTed下野さんの歌を中心に3人のシンガーの歌声で演奏されました。

永冨研二とTennessee Fiveは、永冨先生と永冨真梨ちゃん、そしてベースの鍋田さんの歌と、フィドルとギターとピアノのインストで2回のステージをお送りしました。

お客さまの中に名古屋から来られた外国人の方がおられ、Scott Joplinなどのラグタイムがお好きとのことで、私が弾いた「Black and White Rag」を気に入っておられたようで、とてもうれしかったです。

どんどん雪が降り積もり、バンドメンバーですら帰宅が危ぶまれる中、こんな日に足を運んでいただいたお客さまには本当に感謝しています。
ありがとうございました。


次の日の日曜日は、ブルーグラスのBottoms Upさんをゲストにお迎えして、サンデーカントリーでした。

Bottoms Up with 真梨ちゃん。
20190130151833435.jpg


この日は雪も止み、お昼のライブということもあり、超満員のお客さまでした。

ブルーグラスとカントリーの"バトルライブ"、両バンドとも全身全霊で演奏し、良いステージをお届けできたと思っています。

またやりたいですね。

次回のケニーズは2月1日(土)、ゲストはUptownersさんです。

私はしばらく3週ほど抜けまして、次回は2月の第4土曜日に参加予定です。