FC2ブログ

先週末、京都に帰省しました。

ウワサの通り、新幹線はガラガラでしたね。
前後左右は誰も見当たりませんでした。
こだまだったので人の入れ替わりはパラパラとありましたが、のぞみだとほとんど空席なんだと思います。
20200319154317dbb.jpg


今回は土曜日夜のケニーズに参加するのみが目的でしたが、ケニーズは3月末まで営業自粛中。
帰省を取り止めようかと思いましたが、とりあえずメンバーで集まって音出しをすることになったので行くことにしました。

こういうとき思い出すのは、映画「タイタニック」の楽団のシーン。
楽器を演奏する者は、究極、誰かが聞いているか否かって関係ないんですよね。
自分のために演奏する、皆で一緒に演奏しているだけで楽しい、その上で、誰かがその演奏を楽しんでくれれば最高の幸せなのです。

奇しくも今月のNorman Rockwellのカレンダーの絵柄は「Shuffleton's Barbershop」。
shuffeltons barbershop
閉店後の散髪店の奥で、バイオリンや笛を持った男性たちが練習をしています。
音楽を純粋に楽しむ姿が描かれていて、大好きな絵です。

とにかく、土曜日のいつもの時間に集まって、事前に決めた曲リストに沿って演奏しました。
途中、毎週来てくださるお客さんが来店されて、ライブとリハーサルの間のようなステージを見学されていました。

いつもの練習でしたが、こんなときだからこそバンドがやれて良かったなと思いました。
3月に入ってからアルバイトと子守りの日々だったので、一人になる時間が取れてリフレッシュできました。

京都駅のホームは3月の週末と言うのにガラガラ。
いつもは人が多くて歩きにくかったりしますが、こうも少ないといろいろ心配で寂しくもあります。

とあるイベントで、"シークレットゲスト"として演奏してきました。

メンバー構成は、ボーカル、ギター、ピアノの3人。
リズム感に自信がなく、ドラムやベースがないアコースティック編成は苦手な私。
さらに、いつものケニーズでなく、全く知らない場所とお客さんの前で演奏するプレッシャーはハンパなかったですが、終わってみればめちゃくちゃ楽しかったです。

シークレットなので、お客さんも出演者に関する情報が一切ない中、最後の曲では手拍子をしてくださり、どんどん自分のテンションが上がっていくのがわかりました。

シークレットでしたが、客席には見知ったお顔も見られ、とても心強かったです。

たまにはこういった"アウェイ"(勝手にそう思い込んでいただけですが)で演奏するのも、自分を鍛える良い機会だと思いました。

今回、カントリーファンではないお客さんの前で演奏するので、むしろわかりやすくカントリーの衣装を着ようということで、ウエスタンシャツとブーツで臨みました。
ハットは購入しようと探してみたのですが、なかなか良いテンガロンハットが見つからず…。

結局、アメリカのウエスタンハットのメーカー"ステットソン"の中折れハットを買いました。
2020022317481000c.jpg

とりあえず、ひとつ肩の荷が降りたので、しばらくダラダラします。

先週末は京都に帰省して、テネシーファイブに参加してきました。

土曜日は、ケニーズでウィークリーライブ。
ゲストは、J Breezeさんでした。
IMG_0436-1.jpg
いつも新しい曲や難しい曲にチャレンジされていて、すごいなと思います。
聖歌などでは重厚なハーモニーで曲の雰囲気を演出されていました。

永冨研二とテネシーファイブはフルメンバーがそろって、にぎやかなステージでした。

日曜日は、テルサホールで京都オープリーに出演しました。
カントリーやブルーグラスのグループが総勢25組出演するコンサートで、朝10時から始まり、テネシーファイブの出番は午後5時でした。
待つ身は長かったですが、待った分、楽しくステージができました。
IMG_0465-1.jpg

IMG_0470-1.jpg

土曜日は始発の新幹線に乗り、午前中はピアノのレッスン、午後からケニーズでリハーサル、夜は本番。
日曜日は朝から京都オープリーで、終わったらそのまま新幹線に乗って帰りました。
2日間、京都にいましたが、自宅には寝に帰っただけでした。
思う存分、音楽ができて、今回も充実した帰省でした。

先週末は京都に帰省して、2日間で3回のライブと1回のバンド練習に参加しました。

土曜日の午前中は、永冨研二とテネシーファイブでとある団体のイベントで演奏しました。
5曲という短い時間でしたが、音楽を通して社会的意義のある活動ができて、とてもうれしかったです。

一旦解散して、私はオールディーズバンドの練習に参加しました。
メンバーの体調不良などで長らく休眠状態でしたが、メンバーの息子さんがドラムをたたいてくれると言うので、みんなで合わせてみました。
小学6年生ですが、これがめちゃくちゃ上手でびっくりしました。
事前にお願いしていた曲はちゃんと覚えてきてくれたし、知らない曲もセッション的に合わせてくれて、なかなかの逸材でした。
何せ若いので(笑)これからどうなるかわかりませんが、レギュラーメンバーになってくれたらありがたいです。

夜は、ケニーズのウィークリーライブ。
ゲストは、J Breezeさんでした。
20200122082213b8a.jpg


20200122082237de5.jpg


この日は、私がデュエットボーカルで歌う曲を初めて演奏しました。
ハーモニーボーカルは好きですが、やはりメインで歌うのは難しいですね。
何度も歌って、曲を自分のものにしたいと思います。

日曜日は、半年ぶりに西宮のフォートワースでライブしました。
リクエストにもお応えし、2ステージで20曲を演奏しました。
フォートワースは一年に2~3回出演しますが、ここでしかお会いできないお客さんもおられ、第2のホームのような感じがしています。

ライブ後はその足で新大阪から新幹線に乗り、東京に戻りました。
目一杯、音楽ができて、充実した2日間でした。

今年最後のケニーズ・ウィークリーライブは、12月31日のHank Willamsの命日にちなんで、『Hank Willams Night』をやりました。

フルメンバーがそろって、Hankの曲を18曲、いつものレパートリーから6曲を3ステージで演奏しました。
20191231144536941.jpg


Hank Willamsの音楽は非常にシンプルですが、そのままでもアレンジしてもどちらでも良い、最高の素材だと思います。

5人のシンガーがそれぞれのHankナンバーを歌い、私もピアノのインストで「Lovesick Blues」を弾きました。

今年の永冨研二とテネシーファイブのライブ回数は、毎週のケニーズ+エクストラのライブで計60回でした。
私が参加できたのは、その半分もないと思いますが、来年も可能な限り出演できたらと思います。