FC2ブログ

6月第3土曜日のケニーズライブのゲストはJ Breezeさんでした。

DSC_0292.jpg

スタンダード、インスト、聖歌などなど多彩なレパートリーで楽しいステージを届けてくださいました。

永冨真梨ちゃんとは長く一緒にやっている割に音楽の趣味が合わないのですが、珍しく二人の"好き"が一致した「The Old Side of Town」が聞けて良かったです。

アンコールがかかり、お客さまから曲の指定もありましたが、「その曲は来月やります」ということでした。


永冨研二とTennessee Fiveのステージでは、Bottoms Upの三橋さんに「Blue Moon of Kentucky」を歌っていただきました。
少し高めの存在感ある歌声に、歌い出しから拍手が起こっていました。

私は久しぶりに参加しましたが、いつものお客さまに会えてうれしかったですし、新しく来ていただいたお客さまも何人かおられ、まだまだ進化するテネシーファイブを感じることができました。

さてさて、テネシーファイブは6月はエキストラの活動がありませんでしたが、7月から10月まで毎月企画ライブがあります。
7月21日(日) 西宮フォートワース
8月11日(日) Elvis Night (Kenny's)
9月16日(月・祝) 名古屋アルマジロ
10月13日(日) カントリードリーム
これ以外にも新しい企画を考え中です。
夏に向けて、いろいろ楽しみです。

令和初のケニーズライブは、9人のフルメンバーがそろって、楽しくにぎやかな新時代の幕開けとなりました。

テネシーファイブのワンマンライブだったので、曲をたくさん用意していたのですが、さらにリクエストをいただいたり、お客さまにも歌っていただいたりして、いつもの終演時間を30分以上オーバーしました。

いつも来てくださるお客さまに加え、メンバーのファミリーやケニーズの元スタッフなどたくさんの方に応援していただき、とても温かい気持ちに包まれました。

ちなみに昭和最後の日(1989年1月7日)は土曜日で、その日もケニーズで演奏していたそうです。
「こんな日にライブやってんのかいな」という半信半疑で来られた数人のお客さまがおられたそうな。
こういう話を聞くと、改めてテネシーファイブは平成という時代を駆け抜けて来たんだなと思います。
一部メンバーの方々には一笑に付されてしまいましたが、気持ちとしては次の時代まで走り続けたいですね。

次回のケニーズは5月11日(土)、ゲストはTexas Roseさんです。
5月12日(日)は、京都駅ビルの室町小路広場(大階段)で演奏します。テネシーファイブの出番は14時20分から、約30分のステージとなります。

平成31年4月27日土曜日のケニーズは永冨研二とTennessee Fiveのワンマンライブ、そして翌28日の日曜日はBottoms Upさんとのジョイントライブでした。

前者が"静"とすれば、後者は"動"、土曜日は去りゆく平成を静かに見送り、日曜日はにぎやかに平成にさよならを告げました。

IMG_0113.jpg
(写真は、Bottoms Upさん)

どちらもラストナンバーは、「May the Good Lord Bless and Keep You」でした。

遠くにいても、近くにいても
神の祝福があなたを満たしますように
苦しいことはできるだけ小さく
幸せは何倍にもなりますように
太陽の光と共に歩き
木々には青い鳥が
雲の陰には明るい希望が見えますように

『令和』が、皆さんにとって良い時代になりますようにという願いを込めて演奏しました。
令和もテネシーファイブとケニーズをよろしくお願いします。

次回のケニーズは5月4日(土)、永冨研二とテネシーファイブのワンマンライブです。
フルメンバー9人がそろいます。

4月第1土曜日ケニーズのゲストは、Uptownersさんでした。
IMG_0097.jpg
歌あり、インストあり、合間のほっこりするMCも魅力のステージ。
親子、40年来の幼なじみとおつきあいの長いメンバーの皆さんらしい、息の合った演奏を楽しませてもらいました。

永冨研二とTennessee Fiveは、久しぶりに「Tequila Sheila」を演奏しました。
お客さんとのコール&レスポンスがあるこの曲。
客席との一体感が楽しいです。

これからも久しぶりに演奏する曲や新曲をどんどん増やしていく予定です。
どうぞお楽しみに!

余談ですが、この週は平日の夜に内輪のパーティで演奏させていただく機会がありました。
落ち着いた静かな雰囲気の中で、いきなりロックナンバーを演奏するという、なかなか思い切った企画のライブでしたが、会場があたたまるにつれ盛り上がり、最後はみんなでダンスタイム。最高の時間でした。

次回のケニーズは4月13日(土)、永冨研二とTennessee Fiveのワンマンライブです。

私は4月27日(土)に参加します。

3月第5土曜日のケニーズは、ブルーグラスナイトでした。

ファーストステージのゲストは、K. S. K. さん。
DSC_0231.jpg
先日の京都オープリーの演奏は大好評でした。
オープリーのステージでは、何やら曲の途中でピックが飛んで行くというアクシデントがあったようですが、それも持ち前の明るさと瞬発力で乗り切られたようです。

この日も楽しいステージで、お客さんも喜んでおられました。


セカンドステージは、ラッシーさんの演奏。
DSC_0232.jpg
いつも何かをテーマに選曲されていますが、この日は意外やElvis Presley。
王道の選曲ではなく、あまり知られていない曲やhymnを中心に演奏されました。
オリジナリティのある"ラッシーサウンド"で味付けされたElvisのナンバーは、とても新鮮に聞こえました。


永冨研二とTennessee Fiveのステージは、永冨先生の歌を中心に、第2シンガー鍋田さん、第5シンガー木村さん、そして第4シンガー私も歌わせていただきました。

リクエストもいただきました。リクエストカードに『永冨研二とテネシーファイブの歌』『酒飲みの歌』と書いてありましたが、それぞれちゃんとどの曲か解明できましたよ(笑)
酒飲みの歌→White Lightning
永冨研二とテネシーファイブの歌→ふるさとあとに

皆さんに盛り上げていただき、笑顔のあふれるライブでした。

こんな写真を撮ってみました。
平成最後ライブ写真
平成が終わるのは4月末ですが、平成最後の第5週ライブということで。
ちなみに、令和最初の第5土曜日は6月29日です。