FC2ブログ

10月第4土曜日のケニーズは、永冨研二とTennessee Fiveのワンマンライブでした。

ファーストステージは静かな雰囲気で始まりましたが、途中から団体さんが来られて、セカンドステージは一転にぎやかになりました。

オープンマイクのコーナーではたくさんの方に歌っていただき、「あれも歌う」「これも歌う」とテネシーファイブは生カラオケ状態(笑)
いろんな曲が演奏できて、こちらも楽しかったです。


次の日は半年に一回の京都軽音楽連盟定期演奏会に参加しました。

TN5は昼の部のトップバッターでしたが、満員のお客さんで、手拍子などもしていただき、約30分間、とても楽しく演奏しました。

撤収後はランチを食べながらミーティング。
何やら新しいプロジェクトがスタートするようですよ。

12月は2日(日)に大阪のラグタイム、23日(日)にケニーズでクリスマスライブをやります。
新プロジェクトと共に楽しみです!




今年のCountry Dream、無事終了しました。

お天気は快晴、少し暑いくらいでしたが、気持ちの良い気候で、お客さまも快適に観ていただけたと思います。
2018101511320397b.jpg


メインゲストはLogan Ledger(ローガン・レジャー)さん、28歳の男性シンガーです。
若いけれど、クラシックカントリーをよく知っていて、彼の歌うHank Willamsはすごく良かったです。
ステージ衣装もジャケットにループタイと昔のスタイルを踏襲していて、またそれが似合うんですよね。

カントリーと言えばアメリカの田舎の音楽ですが、実は彼はロスアンジェルス生まれのサンフランシスコ育ち、大学はニューヨークのコロンビア大学と非常に都会的でアカデミックな人で、そういう人が古いカントリーをやることがとても珍しいと思います。
でも、そういう彼のバックグラウンドを通して、今のアメリカのカントリーの立ち位置を垣間見ることができた気がして、いろいろ勉強になりました。

「また日本に来たい」と言っていたので、来春発売のファーストアルバムを引っ提げて、日本ツアーをやってくれることでしょう。

リハーサルから3日間のライブ、とても充実していて楽しかったです。
幸せな時間をありがとう!
20181015113955548.jpg

9月第4土曜日のケニーズ・ウィークリーライブ、ゲストはDrifting Hoboesさんでした。
20180928114708179.jpg

Hank WilliamsやJimmie Rodjersといったクラシックカントリーを、Ted下野さんの伸びやかな歌声でたっぷり聞かせていただきました。

いつもは2バンドが交代でそれぞれ2ステージをやるのですが、今回は事情があって長めの1ステージずつになりました。
全15曲、5人のシンガーの歌ものと3人のプレーヤーのインストナンバーを演奏し、ライブ後は心地良い疲労感に包まれました。
楽しいライブでした。

次回、私が参加するのは10月13日(土)のCountry Dream前夜祭です。
14日(日)は、円山音楽堂でCountry Dreamです。
緊張しつつ、楽しみです!
2018092812023186a.jpg

9月第1土曜日のケニーズは、永冨研二とTennessee Fiveのワンマンライブでした。

今回は数多あるレパートリーの中から久しぶりの曲を演奏しようという試みで、「Chattahooche」「It Ain't Me Babe」「Believe Me Baby」など前によくやっていたけれど最近やってないな~という曲をいくつか演奏しました。
私も久々に永冨先生とデュエットさせていただいて、うれしかったです。

オープンマイクのコーナーもあって、お客さまにも歌っていただきました。

9人のフルメンバーでたっぷり22曲、いつもより少し長めのライブで、とても楽しかったです。
やっぱり全員そろうと良いですね。

次回は9月22日(土)のケニーズに参加予定です。

8月第4土曜日のケニーズ、この日はスペシャルゲストをお迎えしてのライブでした。

Floyd & Shinjiさん。
20180827110811c7f.jpg

Floyd Vanlaninghamさん(ボーカル&ギター)
瀬川信二さん(ボーカル&ベース)
子安文さん(フィドル)
赤間慎さん(ドラムス)

スゴいメンバーの方々が出演されるとのことで、とても楽しみにしていましたが、評判通りの素晴らしいステージで、いち観客として楽しく聴かせていただきました。
FloydさんとShinjiさんのハーモニーがきれいで、「Margaritaville」はまさにAlan JacksonとJimmy Buffettでした。

カバー曲はGeorge StraitやAlan Jacksonなど90年代カントリー世代の私には刺さるナンバーばかりで、オリジナル曲もとても良かったです。

Shinjiさんが演奏されているのは、左手でベースライン、右手でメロディやコードを弾く楽器なのでそうです。
ベースとギターを同時に弾くなんて、なんと器用な!

お客さんは満員で、熱烈なアンコールがかかり、とても盛り上がりました。

永冨研二とTennessee Fiveはラストに演奏しました。
1ステージ入魂ということで、なかなか良い演奏ができたのではと自負しています。

聴くのも弾くのも楽しい夜でした。

次回のケニーズは9月1日(土)、永冨研二とTennessee Fiveのワンマンライブです。