ピアノの発表会が終わって、ほっと一息。
次に何の曲を弾こうか考えるこの期間がとても好きです。「あれもいいな、これもいいな」とウキウキします。

いっぱい弾きたい曲はありますが、10ページ以上あるような難しい大曲は、幼児2人を子育て中の私には無理なので、技術的にそう大変でないものを選ぼうと思います。

で、候補に挙げているのが、チャイコフスキー。
「1812年」とか「ピアノ協奏曲第1番」とか誰もが知っている曲がたくさんあって、キャッチーなメロディメーカーですね。
もちろん、私も大好きです。

ピアノ曲なら「四季」か「くるみ割り人形」の中からいくつか弾いてみようかなと。


有名な曲が多いのは、「くるみ割り人形」ですね。
最近はソフトバンクのCMでバンバン流れているので、お客さんウケがいいかも。
「花のワルツ」は知らない人はいないでしょうし。

「四季」も名曲ばかりで捨てがたいです。
以前、聞きに行ったピアノコンサートで「トロイカ」を聞いて印象に残っていました。

しばらく迷ってみます。

ピアノ教室の発表会に参加しました。


場所は、平野神社の東側「わざ永々棟」。
町屋風の建物で、エラールのピアノが置いてあります。


ウチのピアノ教室は2年に1回こちらで小規模の発表会をしています。

今回、私が弾いたのは、ブラームスの「2つのラプソディー 第2番」。
練習不足でミスタッチだらけでしたが、意外に感情移入して弾けたので楽しかったです。

反省点は、ピアノの特長を考えて曲選びをしないといけなかったことですね。
プロの方ならそういうことも超越して、どんな楽器でも思い描く音を鳴らせるのでしょうけど…。
次はラグタイムでも弾いてみようかな。

演奏後はケーキタイム!このコンサートは、出演者もお客さんもケーキとお茶が付いています。


キレイなお庭を眺めながらいただきました。


緊張がほぐれて心地よい疲労感があって、お腹も空いていたので、甘いものが五臓六腑にしみわたりました。

ピアノの発表会が終わりました。

毎回、直前になると準備や練習に追われ、「なんでこんなん出るって言うたんやぁー」とバタバタになるのですが、終わってみると心地良い疲労感と達成感があります。

演奏に関しては今回は(も?)ボロボロで、作曲しながら弾いた箇所もいくつか(-_-;)
敗因は、本番3日前に暗譜したことですね。暗譜してから10回ほどしか弾いてないという、かなり危険な橋を渡ったのでした。

私が弾いたショパンの「ピアノ協奏曲第2番」の第2楽章は、A→A→B→Aという構成になっていて、この3回出てくるAが3つとも微妙に違っていてそれがすごく覚えにくく、本番ではやっぱり混乱してしまいました。

とは言え、楽譜を見ずに弾くというのは私なりにこだわったところなので、まぁこれで良かったのかなと思います。
2人の乳幼児がいる身で、さらに夫は単身赴任の中、家族の理解と協力を得て短い時間ながらも練習に専念できて、本当にありがたかったです。

今回はオーケストラの伴奏をしてもらって、一緒に弾いていてとても気持ち良かったし、アンサンブルも楽しくできました。
ちなみにアンサンブルは、「Tea for Two」と「Let It Go」をやりました。

d0065354_082933.jpg

来年は小規模なコンサートがあって、2年後はホールでの発表会をやります。
2年後は大曲に挑戦したいと思っているので、いまからコツコツと準備し始めようと思います。




ピアノの発表会に参加しました。
古い町屋を改造した、キャパ50人ほどの小さなステキな会場。ピアノはなんとエラール!!

私はソロでメンデルスゾーンの「プレスト・アジタート」、連弾でアルベニスの「グラナダ」、3人6手の連弾で「ねこバス」、そして姪の伴奏を弾きました。
P1030943.jpg

「プレスト・アジタート」は友人に勧められて弾いたのですが、全然"プレスト(急速に)"じゃなかったです(^_^;)なんとか頑張ってアレグロくらい?
6ページの小曲で技術的にはそう難しくないですが、とにかく左手が足を引っ張ってしまいました。
でも、すごく良い曲なので、弾いて良かったです。

コンサート終了後は、お客さんと出演者にお茶とケーキがふるまわれました。
P1030954.jpg

これからしばらくは一人でクラシックを頑張ろうと思うので、次に何を弾こうか考えるのが楽しみです。

2年に1回のピアノの発表会に参加しました。
IMG.jpg

P1030374.jpg
アンサンブル「Sir Duke」、ピアノ、キーボード2台、ドラム、ベース、トロンボーンという構成。ベースとトロンボーンはピアノの生徒さんです。2つも楽器を演奏できるなんてスゴイな~。

P1030379.jpg
私が弾いたのはリストの「ため息」。
あまり緊張しなかったけれど、到底満足のいく演奏ではありませんでした。いっぱいいっぱいなのが思いきりお客さんに伝わったと思います。
まぁ一朝一夕に弾ける曲ではないので、末永くレパートリーに持って、だんだんいろんなことが表現できるようになったらいいなと。

P1030381.jpg

とにかく終わった!
ここしばらくは常に「練習しな」という気持ちがあったので、とりあえずその呪縛から解放されて胸のつかえがおりた感じです。
また新しい曲に挑戦できるのが楽しみですし、8月から仕事もちょっとだけ復帰、ダイエットと体力作りのためにジム通いを始める予定、そして新しいユニットに向けて始動します。いろいろ楽しみです