Blue KerryのChristmas Carolでピアノを弾いてきました。

初めて参加するイベントにも関わらず、お世話役の人から何の情報も無かったので、とりあえず15曲ほどクリスマスソングを用意して行きました。

Blue Kerryに着いて打ち合わせをしてみると、今日はみんなで歌を歌う会だとか。で、私にはその伴奏をしてほしいようです。

大きなコンパウンド(集合住宅地)だと、中に教会が建てられているところもあるのですが、Blue Kerryは小さなコンパウンドなので、高齢の人たちは教会に出かけることもできない、だから、みんなでクリスマスソングを歌う集まりをもうけたのだとか。

それならそうと言っといてよー。こちらからは何回も「弾いてほしい曲があったら知らせてください」ってメールしてたのに…。まぁ、こういう詰めの甘いところもアフリカ的ではあるのですが。

結局、向こうが歌詞を準備していた曲の中で、私が弾けるものをいくつかピックアップしてやることになりました。

曲目は、
1. Jingle Bells / ジングル・ベル
2. The First Noel / 牧人ひつじを
3. O Come, All Ye Faithful / かみのみこは
4. Hark! The Herald Angels Sing / あめにはさかえ
5. White Christmas / ホワイト・クリスマス
6. Away in a Manger / かいばのおけで
7. We Three Kings of Orient Are / 三人の聖者
8. Rudolph, the Red-Nosed Reindeer / 赤鼻のトナカイ
9. Silent Night / きよしこの夜

White Christmasは、TN5でやっていたのを思い出しながら何とか。
あとは、何かソロで弾いてほしいと頼まれたので、レパートリーを出しきって演奏しました。

1. Deck the Halls / ひいらぎかざろう
2. Joy to the World / もろびとこぞりて
3. It Came upon a Midnight Clear / あめなるかみには
4. What a Friend We Have in Jesus / 星の界
5. Winter Wonderland / ウィンター・ワンダーランド
6. Silver Bells / シルバー・ベルズ
7. Frosty the Snowman / フロスティ・ザ・スノーマン

今回、クリスマスソングをたくさん練習しましたが、大体は何年か前にニューヨークで手に入れたヘンリー・マンシーニの楽譜から選びました。そんなに難しくないアレンジなのに、どれもJazzyでカッコいいのです。
それ以外は、日本で買ったものやネットでダウンロードした楽譜です。

私が行くコンパウンドに住んでいる白人たちは、こちらで生まれ育ったとは言え、イギリス人としての誇りを持ち合わせている人が多いので(特に高齢の人)、私が慣れ親しんできたアメリカンなクリスマスソングだけに偏らないよう選曲したつもりでしたが、フタを開けてみると、リクエストが来るのは宗教的なものよりアメリカンで楽しいポップなものばかり。
やっぱりみんなノリの良い曲が好きなんですね。

最後は「Jingle Bell Rock」をリクエストしてもらったので、この曲で明るくパーティを締めました。