さて、今日はLarmenier VillageのShirleyの依頼で、Highland Presbyterian Churchでピアノを弾きました。
この教会の女性だけの集まりで、去年もよんでもらいました。集まったのは25人ほど。

私の持ち時間は30分。
programme Presbyterian Church

昨日のBlue Kerryとほぼ同じ内容です。「パイナップル・ラグ」と「幻想即興曲」を引いて、「ブラック&ホワイト・ラグ」を足した感じ。クリスマス曲も少し減らしました。

今日は緊張したので、かなりミスタッチもしたし、思わぬところで止まりそうになったり、あまり良い出来ではありませんでした。
と言うのも、今日は電子ピアノを持ち込んだので、真正面を向いて演奏する形で、みんながじーっと見ているのがわかるのです。
普段、他の老人ホームなどでは、お客さんに背中か横を見せているので気になりませんが、みんなの視線を感じることがこんなに緊張するとは!大汗かきました。

ソロを弾かせてもらった後は、みんなで歌うクリスマスキャロルの伴奏。こちらは難なく。

今日は演奏よりも、集会後のお茶が楽しかったです。
私が座ったテーブルは、Shirleyと、Margotの歌のパートナーであるもう一人のShirley、そして45年前にイギリスからやって来てアフリカに移り住んだという夫婦の5人。
このご夫婦の奥さんが明るい方で、私にもたくさん話を振ってくれて、いつもならこういう席ではネイティブスピーカーたちのチャットになかなか参加できず所在なげになりがちな私も、楽しくおしゃべりに参加することができました。

今日の集まりには、Larmenier Villageの住人たちも何人か来ていて、「12月3日の演奏を楽しみにしてるよ」と言ってくれたので、みんなに喜んでもらえるように、あと1週間、頑張って練習したいと思います。