FC2ブログ

息子のピアノ教室の体験レッスンが無事済んで、本レッスンがスタートしました。

20181129163536110.jpg

私がピアノを習い始めたのは、息子の今の年齢とほぼ同じでしたが、最初の頃がどんなだったか全然覚えてないですね~。

家で練習をみるために、しばらく私もレッスン室に入ることになっていますが、息子はピアノの素養があるような、無いような…まだよくわかりません。
ただ、少なくとも「ダメだ、こりゃ」という感じではなさそうです。

レッスン内容で驚いたのは、すぐにヘ音記号(左手)が出てきたこと。
私のときは、しばらく右手だけで弾いて、それから左手(しかもト音記号のみ)だったような。
でも、左手はどうしても弱くて弾きにくくなってしまうので、同時進行というのは理にかなっているように思います。
定番のバイエルも使わないようです。


ピアノ教室にはたくさんの講師の方がおられるようですが、皆さんの経歴がすごいです。
桐朋学園大学や国立音楽大学出身が多いですが、東京芸大やジュリアード卒の方まで!
ジュリアード卒の先生なんて、私が教わりたいです。

息子が習っている先生もアメリカの大学院を卒業されていて、子供にはドレミを教えられていますが、本当はとてつもない演奏をされる方なんだろうなぁと羨望の眼差しで見ています。

まずは私の勝手な目標ですが、"一緒に連弾"というところまで二人三脚で頑張りたいと思います。