FC2ブログ

最近、『大人が付き添わない、子供たちだけの外遊び』という初めての経験をしました。

これまでは、親同士が遊ぶ約束をして必ず親同伴で集まっていましたが、先日、息子が同じ社宅のお友達と降園後に遊ぶ約束をしてきました。
約束通り、お友達が家まで誘いに来てくれて、家の前で2時間ほど自転車で遊んでいました。
私もしばらく一緒にいたのですが、娘が帰りたがったので家に戻り、20分に一回ほど見に行くことを繰り返しました。

私としては、「とうとうこの日が来たか!」という心境です。

遊び場所が家の前で声が聞こえること、社宅の敷地内で見知らぬ人がまずいないこと(でも、誰でも入って来られるし、業者さんとかは出入りします)、他に小学生の子たちがいたこと、警察官がすぐ近くに立っておられること、他のお母さん方もたまに見に来られていたことなど、いくつかの安心材料があったので子供たちだけで遊ばせましたが、それでも気が気じゃなかったですね。

事件とか事故は一瞬の間に起こるものだし、お友達同士の揉め事もあります。
ネットを見ると、子供だけの外遊びは大体小学一年生からのようですが、お友達ができてうれしい反面、心配事が増えるな~と実感しています。

話題は変わって、これも初めての経験になる予定の声優さんの朗読劇を観に行きます。来年2月にあります。
20181106160827457.jpg

人気のある声優さん3人が出演されて、キャパ440人のホールなので、「当たればラッキー」という気持ちで抽選に応募してみましたが、当選できました!

今日、当選発表があったのですが、早速「チケット譲ってください」のツイートが溢れているので、やはり競争率は高かったようです。
確信はありませんが、1人で申し込むと当たる確率が高いような気がします。

ただ、いつも思うことですが、こんなに行きたい人たちがたくさんいるのだから、なるべく全員が観に行けるようなキャパのホールでやればいいのにね…。
朗読だと声の響きとかの理由で小さいハコが良いのでしょうか。
私も行きたいイベントのチケットが売り切れてしまって悲しい思いをしたことがあるので、「譲ってください」の切実な声は身につまされます。

肝心の演目は、マーク・トウェインの『王子と乞食』。
マーク・トウェインと言えば、トム・ソーヤーしか知りません。
がっつり予習して行くか、先入観なしで臨むか。
楽しみです。

そろそろ入学準備

英会話レッスン

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)