FC2ブログ

4泊6日のナッシュビル旅行から帰国しました。
私以外の方々はまだ向こうに滞在中ですが、一足先に旅の報告をさせてもらいます。

今回の旅行のグループは総勢10名。
伊丹から来られた皆さんと成田で合流して、まずはシカゴのオヘア空港へ。
トランジットが2時間弱しかなかったので少し不安でしたが、案の定、入国審査で鬼のように時間がかかり、乗り継ぎに間に合いませんでした。
とは言え、次の便と次の次の便に分かれて乗ることができ、無事、金曜日のうちにナッシュビルに到着できました。

ホテルにチェックインしたのが夜12時頃。
私は長時間の移動でヘトヘトだったので部屋で休みましたが、他の方々はさっそく街に繰り出されました。元気やわぁ~。

1日目のお昼は、Country Music Hall of Fame and Museumへ行きました。
ピアノの鍵盤を模した建物。カントリー音楽の博物館のようなところです。
20190308114520c9b.jpg


数年前に殿堂入りしたCharlie McCoyさんの展示もありました。
ハーモニカとマリンバのスティック、トロフィーなどが置いてありました。
20190308114539dba.jpg


夜はGrand Ole Opryを観に行きました。
201903081145584f2.jpg

カントリーやブルーグラス、若者や年配、さまざまなミュージシャンが登場しました。
Alison KraussやRiders In The Skyが印象的でしたが、中でも感動したのがJesse McReynolds。
Jim and Jesseという兄弟デュオで50~60年代に活躍したシンガーで、オープリーメンバーになって55周年を祝っての登場でした。御年89歳!
何とも味のある方で、若いミュージシャン達と一緒に「Night Train to Memphis」を演奏してるのを聴くと、この音楽の良さや魅力を実感しました。


2日目のお昼は、Studio Bを見学しました。
Elvis Presleyをはじめ、Roy OrbisonやConnie Fransis、Skeeter Davisなどなど多くのヒット曲が録音されたスタジオです。
「あの曲もこの曲も」と好きな曲満載で、めっちゃ興奮しました。
2019030817033006a.jpg


中でも貴重なのがこれ。
20190308114637578.jpg

Floyd Cramerが「Last Date」を弾いたピアノですよ!
「Heartbreak Hotel」のあの間奏を弾いたピアノですよ!
恐れ多くて鍵盤に触ることはできませんでしたが、ピアノに向かって座ることができてうれしかったです。

こちらは、「Are You Lonesome Tonight」のチャートの展示。
20190308114621d32.jpg

カントリー音楽で使われる独特のNashville Number Systemのチャートで、コードが全て数字で書かれています。
カントリーを始めた頃はこれに本当に慣れなくて苦労しましたが、今ではこれほど理にかなった楽譜はないと思っています。
本物を間近で見られてとても良い経験でした。

夜はChris Scruggsのライブを鑑賞。
201903081147024ea.jpg

2001年にお母さんのGail Daviesと一緒にCountry Dreamに出演したChris(当時18歳)は、その後、BR549に加入し、現在はMarty Stuartのバンドメンバーという素晴らしいミュージシャンになっています。
この日はHank WilliamsやLittle Jimmy Dickensといった古いカントリーを演奏する、自身のバンドでの出演でした。
このバンドは超絶カッコ良かったです!
マイクにはリバーブが全然かかってなくて、Chrisの曲間のMCも昔のDJのような感じの早口で、古いAMラジオを聴いているようでした。雰囲気あったな~。
「There Stands the Grass」とか「A Fool Such As I」とか好きな曲がたくさんあって、幸せな時間でした。

私自身も、自分が生まれる前の古い音楽が大好きで、そういう音楽を衣装なども含めて再現してみたい、みんなに紹介したいという彼らの熱にシンパシーを感じました。
個人的には何千円でも払って観たいステージでしたが、料金はなんとチップ制。このクォリティで。ナッシュビル恐るべし。


3日目のお昼はダウンタウンへ。
今回の旅行でステージ衣装を3着買う!と決めていたので、10軒以上のお店を見て回りましたが、結局1着しか買えず。
気に入ったのがあってもサイズがなかったり、サイズがあるものはデザインが気に入らなかったり。
まぁ、Scullyというメーカーのシャツのみというピンポイントで探しているので、仕方ありませんね。
戦利品のシャツはこちら。
20190308114832de7.jpg


そして夜は大本命のTime Jumpers!
2019030811471894e.jpg

17年前にStation Innで観たときも人気のバンドでしたが、その後、グラミー賞にノミネートされたりVince Gillが加入するなどして、今や全米からお客さんが集まるビッグなバンドになりました。
2009年のCountry DreamにボーカルのDawn SearsとフィドルのKenny Searsが出演して以来の交流で、バルコニーの前列真ん中というぜいたく過ぎる場所でステージを観ることができました。

いやはや、演奏はすごい!の一言で、終始、固まって耳を傾けていました。
個人個人のプレイヤーのすごさに加えて、アンサンブルの完璧さ。
こんなライブを毎週20ドルで観られるなんて、やっぱり恐るべしナッシュビル。

そして、写真でもわかると思いますが、このステージに永冨先生と真梨ちゃんが登場したのですよ!
お二人がTime Jumpersの演奏で「Jackson」を歌いました。
客席も大盛り上がり。一緒にいた者としてとても誇らしかったです。

ということで、私の滞在はここで終わり。次の日の朝早く帰国の途につきました。

3月とは言え、あちらは本当に寒かったです。
夕方5時で華氏29度、摂氏で言うとマイナス1.5度くらいです。雪がちらついていた朝もありました。
20190308114756f84.jpg


日々の食事はこんな感じ。
他民族の国らしくいろんな種類の食べ物がありますが、やはりハンバーガーとフライドポテトの組み合わせはアメリカのテッパンです。
20190308114810655.jpg


ト音記号の自転車止め。
"Music City"の名の通り、いたるところに音楽があふれています。
平日のお昼からライブもガンガンやってます。
20190308114738838.jpg


17年前に初めてナッシュビルを訪れたときは、まだカントリーを始めたばかりでなんだかよくわからないことが多かったですが、今回、ある程度の知識を持って訪れてみると感動もひとしおでした。
永冨先生やTennessee Fiveが進化し続ける理由もわかった気がします。

とにかく楽しくて貴重な日々でした。
行けて良かったです。

Canon Power Shot

終わらない誕生日

comment iconコメント ( 2 )

おつかれさまでした、
僕も、昔、このツアー行きたかったのですが、
3.11テロで、機会を逸してしまいました、
あと、Yahooのブログが、夏に、閉鎖になるので、
早めに、アメブロにうつりました、
4月末まで、Yahooのブログに、アメブロのURLを記載し、
5月からは、僕のYahooブログを閉鎖します、

僕のアメブロ、よろしくお願いします。

名前: IM [Edit] 2019-03-08 22:57

テロで延期になったツアーは17年前の私が初めて行ったやつですね。
3年に一回ほどツアーやってますので、次回はぜひ参加してください!

アメブロはさっそく拝見していますよ~。
私もやったことがありますが、移行作業はなかなか大変ですね。
リンクのところもアドレスを変更しておきますので、今後ともよろしくお願いします😊

名前: neonrose [Edit] 2019-03-09 09:45

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)