入園式を終えて、子供たちが新しい園に通い始めました。


前に通っていたのは私立幼稚園。園長先生が二代目で、地元で何十年と続くお寺幼稚園でした。
今回は公立のこども園で、なんと開園3年目。どこもかしこもピカピカです。

2つの園を比べてもせんないことはわかっているのですが、あまりにも違いが大きくて少し戸惑っています。

まず、入園式からして全然違いました。

前の園は、広い講堂があって、ステージとグランドピアノがありました。
そこで本格的な式があって、保護者も着物やスーツと、わりと派手めな感じでした。
集合写真はプロのカメラマンが撮影して、後日ネットで販売されます。

今の園は、少し広い部屋に集まって、まさかの直床座り(笑)。
お母さま方も着物姿はなく、結構ラフな格好の方もおられました。
写真は事務の方がデジカメとスマホで撮影。
歌の伴奏は、机に置いたキーボードを先生が正座して弾いておられました。

私としては、前の園のキッチリした校風は好きでしたが、その分、お母さま方は皆さん隙がなく、自分もそれに合わせようとして疲れることもあったので、今の気楽な雰囲気は楽です。

どちらが良い悪いではなく、どちらも良いところがあって、足して2で割ったり、いいとこ取りができないのはわかっている上で、2つの園の違いを並べてみたいと思います。

幼稚園、保育園、こども園、それぞれの中にも違いがありますので、あくまでも私の通わせている園でのケースです。

★こども園
☆幼稚園 で書きます。

〈服装〉
★私服
☆制服

〈持ち物〉
★着替え✖2組、お昼寝用バスタオル
☆手拭きタオル、お箸・スプーン・フォーク、コップ、水筒、座布団、上履き ※汚れたときの着替えは園で用意

〈昼食〉
★給食
☆週に3回給食、2回お弁当

〈送迎〉
★徒歩、自転車
☆徒歩、自転車、車(駐車場有り)、園バス

〈費用(2人分)〉
★25,000円
☆70,000~100,000円

〈長期休み〉
★年末年始のみ
☆春2週間、夏5週間、冬3週間

〈親が参加する行事〉
★運動会、学芸会
☆毎月1回、運動会・お遊戯会・音楽会・作品展・参観日など


京都では私立の幼稚園に通っていましたが、こちらでは区の認定こども園に通うことになりました。

今回、初めて『こども園』についていろいろ調べてみましたが、なるほど、そういうことなんやと思いました。

我が家は私が働いていないので"1号認定"となり、"短時間保育"になります。
保育時間は9時から2時で、月極めかスポットで5時まで延長できます。もちろん有料ですが、格安です。

共働きの場合(2号認定)は、"長時間保育"で最長7時半から8時半まで預けられます。

クラスは短時間の子も長時間の子も一緒で、それぞれ登園や降園の時間が違うというわけです。

簡単に言えば、短時間=幼稚園、長時間=保育園、といったところでしょうか。

とは言え、短時間も5時まで延長できるので、パートタイムで働いているお母さんも多いようです。
延長するのに理由は問われないので、私も1時間だけ延長しました。
当面は専業主婦でいくつもりですが、様子を見て仕事するか決めようと思っています。

これから通うこども園は、わりと保育園寄りで、毎日給食が出て、春夏冬の長期休みはありません。
休みは年末年始のみ。「え~、じゃあ夏休みはいつ取れば?」と尋ねると、「好きなときに好きなだけ休んでください」との回答でした。

今まで週2回とは言えお弁当の中身に頭を悩ませ、長~い夏休みや春休みの過ごし方に四苦八苦していた私に、これは助かります!
それでいて保育料は前の4分の1。本当にありがたいです。

ただ、前の幼稚園が教育熱心で、英語やひらがなの練習、体育の先生を招いての運動などがあったのに対し、こども園では午前中は近所の公園に行って午後はお昼寝といった過ごし方が中心なようです。
年長の息子は字を書いたり足し算をしたり、いろんなことに興味を持つようになってきたので、降園後にいくつか習い事をさせようと思っています。

残念なのは園バスがないこと。
基本的には自転車で送り迎え(2往復…)しますが、雨の日は片道30分を歩くしかないのか…。(車はありません)
今までは家の前ですっぴん&ジャージで待ってれば良かったのに(*_*;

それでも、家からいちばん近いところに兄妹とも入れたので、感謝しないといけないですね。
頑張って歩いて、足腰を鍛えます。



東京での新しい生活が始まりました。

夫が先発で住んでいたので、とりあえず初日から普通に生活することができましたが、荷ほどきや生活用品をそろえたりでしばらくバタバタしていました。

今回、住むところは、武道館のすぐ近く。

今日は、北の丸公園を散歩して、芝生で遊んだりしました。

アイスクリームの季節になってきましたね。


明日はおにぎりを持って、ピクニックしたいと思います。

京都からの新幹線の車内で。

大はしゃぎですが、息子が突然「みんなとバイバイするの悲しい…」と言い出して、申し訳ない気持ちになりました。

新しい幼稚園で仲の良い友達ができますように。

忙しいアピールはみっともないとわかっているのですが…3月は忙しかった!

仕事が人手不足で、調子に乗ってシフトをいっぱい入れたら、夫の転勤が10日間前倒しに。
最後の1週間は、日常の家事に加え引越し準備をしながら子供たちの晩ご飯を用意して仕事へ、帰宅したら母とバトンタッチしてすぐにお風呂に入れて寝かしつけ、子供が寝た後にまた家事、という日々でした。
シングルマザーやワーキングマザーはホンマにすごい!と尊敬します。

自分の晩ご飯は食べるヒマがなく、急いで菓子パンをかじるくらいでした。あ、でも、その反動で食べられるときにメチャクチャ食べてしまったので体重は減らずです。

またそんなときに限ってパソコンが壊れたり、母が孫との思い出作りに出かけたいと言うので遠出に連れて行ったり、1日に4~5回ほど車を出してなんやかんややってました。

東京に出発する前日まで仕事して、無事、新居に到着しました。

引越し先で落ち着くまでしばらくかかりますが、来週から子供たちの幼稚園が始まるので、日中はゆっくりさせてもらいます。

3月第4土曜日のケニーズ・ウィークリーライブ、ゲストはDrifting Hoboesさんでした。

Jimmie RodjersやHank Williamsなどクラシックなカントリーの数々を演奏されました。
されました。
それらを聞きながら、永冨真梨ちゃんと私は最近のカバーバージョンの話で盛り上がりました。
名曲は何年経っても色あせないですね。

永冨研二とTennessee Fiveは久しぶりにGeorge Jonesの「Tennessee Whiskey」を演奏しました。
個人的に大好きな曲。久々にやれてうれしかったです。

スティールギターのインスト「Blue Jade」も少しご無沙汰しての披露でした。
オリエンタルなメロディが印象的なナンバー。スティールギターという楽器の幅広さを感じます。

次回のケニーズは3月31日(土)、ブルーグラスの日、ゲストは京都そして神戸(K.S.K.)さんとラッシーさんです。


次の日の日曜日は、京都オープリーの打ち上げでした。

第1部はおいしい食事を楽しみながら交歓会。
第2部は出席者代表の演奏コーナー。


カントリーやブルーグラスという同じ音楽が好きな人が集まって、友好的で和やかな雰囲気のパーティでした。

最後に皆さんのコンサートの感想を聞きながら、何だか胸がジーンとしました。
この音楽をやっていて良かったと思った一日でした。

さて、これからの私のバンド活動は少しスローダウンして、Tennessee Fiveには月に1~2回ほど参加させてもらう予定です。
このブログのライブレポートも不定期になりますが、ライブ出演したときは書きたいと思います。

京都でのバンド活動を楽しみに、東京で頑張って来ます。